apple

新しいMacbook Retin 12inchは、LCCの機内持ち込み用として最強かもしれない。

case

こんにちわ@ri_moです。今年の5月にLCCで東南アジアを回る予定なんですが、機内持ち込みの変更があっていろいろ調べた結果、最強の機内持ち込みMacは、Macbook Retin 12inchだと思いました。

jetstarは2015年2月1日から合計で7kgに

いままでは、カウンターでキャリーケースだけ重さを量れば大丈夫だったのですが、2015年2月1日からは、機内持ち込み手荷物合計で7kgになりました。

D0225B455C3542498355B1087363D7C8

いままで量るときだけキャリーケースじゃないバックに入れ替えて量っていたのでパソコンやカメラは重さにほぼカウントされませんでした。

パソコンとキャリーケースで5kg超え!!(汗)

僕のパソコンは、Macbook Pro retina 15inchで重さが約2kgでキャリーケースは、無印の機内持ち込み可能な33Lで約3.4kgにあります。
合計したらこれだけで約5.5kgになってしまい実質持ち込めるのが1.5kgくらいしかなくなってしまいます。

っていうかこれなにも持ち込めなくないか?

いままではMacbook Proがカウントされてなかったので実質は、3.5kgくらい持ち込めていました。これでカメラや周辺機器持ち込んだら完璧に終わりますね。

新しいMacbook Retina 12inchは、0.95kg!!

new-macbook

これはめちゃめちゃ魅力的ですね。Macは旅先でも緊急の仕事が入ったりするのでいつも持っていってます。でもできる作業は限られているので新しいMacbook Retina 12inchくらいのスペックでもよいかなと思っています。

おすすめのキャリーケースは、リモワ サルサエア CABIN MULTIWHEEL IATAで2.4kg

82252-b

やっぱり最軽量で上部なキャリーケースは、「リモワ サルサエア」でしょう。無印に比べたら約1kg軽くなっています。しかも容量は、35Lと無印より2Lも広いのが魅力です。

この2つに変更するだけで5.5kgから約-2kgの3.5kgまで落とすことができます。まぁ値段は、びっくりするくらい上がりますが・・・

僕は、以前マレーシア経由にシンガポールに行ったとき重量超過で手荷物預けたんですが経由(トランジット)の場合は2倍になって7,000円近く払った記憶があります。

甘い担当や航空会社もありますが厳しい人にあたってしまったら荷物を預けるしかなくなってしまうので重さには本当に気をつけましょう。

Office for Macのプレビュー版が試せる。しかもoffice2011の併用化!

01

 

2015年3月6日にマイクロソフトが、Office for Macのプレビュー版の配信を開始いたしました。
対応OSは「Mac OS X Yosemite(バージョン10.10)」以降で、現行Officeである「Office for Mac 2011」と併用できます。これは嬉しい!

Office for Mac プレビュー版の内容

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Outlook

正式版のリリース時期とプレビュー版の試用期間

次期Office for Macの正式版のリリースは、2015年夏とのことでプレビュー版の試用期間は、リリースされるプレビュー版ごとに60日間で最終プレビュー版は、正式版のリリース後1ヶ月使えるそうです。

ダウンロードはこちらから
http://products.office.com/ja-JP/mac/mac-preview

Mac版のofficeは、もっさりしてるイメージがあるのでキビキビ動くようになって欲しいですね。
早速ダウンロードしようと思ったけどファイル2.5GBくらいあるのでいったんやめました(汗)

MacのChromeでスワイプしたら「戻る」を解消する方法

昨日「Chromeで、スワイプしたらページ戻るやつの解消方法を知りませんか?」って聞かれて僕もいつもそれでイライラしてたので調べてみました。

現象

back

 

MacのChromeでスワイプを左右するとページを移動「戻る」「進む」ができます。便利なのですが、上下にスクロールするときでもちょっと横にしてしまいページが戻ってしまうことがよくあります。

解決方法

back02

システム環境設定の「トラックパッド」→「その他のジェスチャ」→「ページ間をスワイプ」のチェックを外したら無効になりました。

最初Chromeの設定かなと思ったらMac側でした。地味にストレスたまってたので直って地味に嬉しいです。

 

Photosが試せる!アップルOS X Yosemite10.10.3のパブリックベータを公開。

photos

アップルが2015年3月3日にOS X Yosemite10.10.3のパブリックベータの配信を開始いたしました。

ApertureとiPhotoに置き換わると言われてるアプリなので期待しますね。raw現像も期待しますが、写真の整理が全然できていいないので個人的には、そこらへんが気になりますね。

スクリーンショット 2015-03-04 6.42.41

Photos Preview – Apple
https://www.apple.com/osx/photos-preview/

OS X Beta Programに登録すればすぐにダウンロードできるそうです。試したいけどメインMac1台しかないので本リリースを待ちます。

OS X Beta Program参加は、下記から
https://appleseed.apple.com/sp/ja/betaprogram/

 

Kindle for Macがリリース!Amazon.co.jpの本がMacで読める!

Kindle for Mac

Kindle for Mac

やっとAmazon.co.jpからKindle for Macがリリースされた!!いままでMacで読めないっていう理由だけでiBooksで購入していたので本当に嬉しい。でも実は、先週くらいにKindle Cloud Readerがでたのでテンションは、そこまで上がっていない(汗)

現在Downloadは、Mac app storeのからではなくAmazonのページからのみできるっぽい。
http://www.amazon.co.jp/kindleformac

Kindle for Macの主な機能:

  • 和書やコミックを含む320万冊以上のKindle本を、購入後すぐに読むことが可能。
  • コミックおよび雑誌のズーム表示機能。
  • フォントサイズや背景色のカスタマイズが可能。
  • 本文検索機能。
  • 辞書の参照機能。
  • Mac上にコンテンツをダウンロードすることで、インターネット接続の有無に関わらず読書が可能。
  • 見開き表示に対応。
  • Kindle電子書籍リーダー、Fireタブレット、およびKindle無料アプリを利用している各種端末間で、読書の進捗状況が同期され、どの端末からでも前回読み終えたページから読書を再開することが可能。

ソース:
Amazon.co.jpが「Kindle for Mac」アプリを提供開始、電子書籍をあなたのMacで
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000335.000004612.html