新しいMacbook Retin 12inchは、LCCの機内持ち込み用として最強かもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

case

こんにちわ@ri_moです。今年の5月にLCCで東南アジアを回る予定なんですが、機内持ち込みの変更があっていろいろ調べた結果、最強の機内持ち込みMacは、Macbook Retin 12inchだと思いました。

jetstarは2015年2月1日から合計で7kgに

いままでは、カウンターでキャリーケースだけ重さを量れば大丈夫だったのですが、2015年2月1日からは、機内持ち込み手荷物合計で7kgになりました。

D0225B455C3542498355B1087363D7C8

いままで量るときだけキャリーケースじゃないバックに入れ替えて量っていたのでパソコンやカメラは重さにほぼカウントされませんでした。

パソコンとキャリーケースで5kg超え!!(汗)

僕のパソコンは、Macbook Pro retina 15inchで重さが約2kgでキャリーケースは、無印の機内持ち込み可能な33Lで約3.4kgにあります。
合計したらこれだけで約5.5kgになってしまい実質持ち込めるのが1.5kgくらいしかなくなってしまいます。

っていうかこれなにも持ち込めなくないか?

いままではMacbook Proがカウントされてなかったので実質は、3.5kgくらい持ち込めていました。これでカメラや周辺機器持ち込んだら完璧に終わりますね。

新しいMacbook Retina 12inchは、0.95kg!!

new-macbook

これはめちゃめちゃ魅力的ですね。Macは旅先でも緊急の仕事が入ったりするのでいつも持っていってます。でもできる作業は限られているので新しいMacbook Retina 12inchくらいのスペックでもよいかなと思っています。

おすすめのキャリーケースは、リモワ サルサエア CABIN MULTIWHEEL IATAで2.4kg

82252-b

やっぱり最軽量で上部なキャリーケースは、「リモワ サルサエア」でしょう。無印に比べたら約1kg軽くなっています。しかも容量は、35Lと無印より2Lも広いのが魅力です。

この2つに変更するだけで5.5kgから約-2kgの3.5kgまで落とすことができます。まぁ値段は、びっくりするくらい上がりますが・・・

僕は、以前マレーシア経由にシンガポールに行ったとき重量超過で手荷物預けたんですが経由(トランジット)の場合は2倍になって7,000円近く払った記憶があります。

甘い担当や航空会社もありますが厳しい人にあたってしまったら荷物を預けるしかなくなってしまうので重さには本当に気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*